家族で旅行に行く時に格安航空券を使う時のポイント!

空に飛行機雲

LCCを家族で利用する際に確認しておくべきポイント4つ

格安航空はお子様連れのご家族でも利用できます。決して「家族連れには向かない」というわけではありません。けれども事前に確認しておくべきポイントがあります。少しでもお得に家族旅行を楽しむためにも、あらかじめチェックしておきましょう。

格安航空券の価格は購入する日よってかなり変動がある

変動するグラフ
LCCの運賃は日々変動しています。一番安く購入できる可能性が高いのは売り出し日です。けれども直前になると座席を売り切るために一気に安くなることがあります。昨日見た金額が今日確認してみたら全く異なっていたということもあります。
そのため、毎回同じ値段ではないという事を理解したうえで格安国内航空券を探すと、その内値段の変動などがある程度予測できるようになるかもしれません。
また、同じ日でも搭乗時間によって大きく変動します。人気のない早朝の時間帯であれば安くなります。けれども安いからといって家族連れで早朝の便を使うのは難しいという人もいるのではないでしょうか。

2歳以上から大人料金になる

ひざに乗せられる年齢の乳幼児であれば運賃はかかりません。けれども多くのLCCでは満2歳以上から運賃がかかってくることがあります。小さなお子様でも1シート分の料金が必要になります。しかも子供料金の設定はないため、お子様でも大人1人分の料金を支払わなければなりません。

シートが狭いため膝に乗せるのが辛くなる心配がある

格安航空は座席が大手と比べると狭いことで知られています。前の座席との間隔が狭く、足元に余裕がありません。シートの座り心地もいいというわけではありません。
そのような座席に座りながらお子様をひざに乗せて長時間動けないのもかなり辛いと思います。国内線での移動と言えどもかなりの窮屈感に耐えなければなりません。格安航空券を購入する際には、子どもにとっても余裕のあるスケジュールを立てそれに照らし合わせて選ぶようにしましょう。

機内で食べ物や飲み物のサービスがないため事前に準備が必要

ペットボトルの水
格安航空はできるだけコストを削減するため、機内で無料の飲み物や機内食が出ることはありません。離乳食などの準備のため、またお子様の喉が渇いた時の対策のための飲み物などは事前に持ち込むようにしましょう。
また、機内でおもちゃなどの販売もないため、お子様の気を紛らせるためのものも用意しておいたほうがいいでしょう。飲み物や食べ物だけでなく、ちょっとしたおもちゃなども持っていくことをおすすめします。
お子様連れでLCCを利用する際にはいくつか事前に確認しておくべき点があります。それらに気をつけていれば快適に利用できるので、あらかじめチェックしておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む  

更新情報

Copyright © 2017 家族で旅行に行く時に格安航空券を使う時のポイント! All Rights Reserved.